• ホーム
  • メディアクリエーションの使い方
  • 症状一覧
  • 料金の目安
  • パソコントラブルQ&A
  • 事例集・お客様の声
  • 会社概要
  • ブログ
ホーム>自分で修理を行うリスク

自分で修理を行うリスク

自分で修理を行うリスク

不具合や故障でパソコンの調子が悪い時、自分で修理するとパソコンデータ復旧が不可能になるなど、様々なリスクが考えられます。

電源は入るが起動しない

電源は入るが起動しない

電源ランプは点いているのに起動しない場合に、電源を何度も押して電源の入り切りを繰り返していませんか。
強制終了を繰り返すとハードディスクに致命的なダメージを与える事があります。そうなるとセーフモードを選択しても起動出来ず、回復する事もありません。

メーカーからOSリカバリーをすすめられる事がありますが、データを取り出す前だとデータが消去されてしまいます。
また、画面が暗くても電源は入っているので、叩いたり振動を与えたりしてはいけません。これはハードディスクを傷める原因になるためです。

電源が入らない

電源が入らない

電源ボタンを押しても電源ランプが点かず、全く起動する気配がない場合、パソコンで管理しているデータが無事かどうか気になるところだと思います。まずは、電源ケーブルがコンセントに差さっているか、バッテリーとしっかり繋がっているかを確認してみてください。

コンセントに差している状態で全く起動しない、起動までに20分も30分もかかるという場合は、ハードディスクの異常や故障が考えられます。一応起動するからと言ってそのまま使い続けるのは良くありません。メーカーや専門業者への相談をおすすめします。

起動や動作が遅い

起動や動作が遅い

パソコンの起動が遅い場合に適合しないACアダプターを接続したり、ハードディスクの最適化やエラーチェックを行ったりすると、ハードディスクに致命的なダメージを与える事があります。

また、データを減らしたら動作が速くなるのではないかと考え、データを大量に削除したり外付けハードディスクに移動したりしていませんか。動作とデータ容量は関係ない場合が多いので、こうした操作が逆にハードディスクの負担となり傷めてしまう事もあります。

パソコンの不具合や故障が見られる場合、取り返しがつかなくなる前に専門業者に依頼した方が良いと言えます。

起動しない、動作が遅い、フリーズするといったパソコンの不具合にお悩みなら、三重県川越町にあるメディアクリエーションにご相談ください。調子の悪いパソコンからデータを取り出したい、削除ファイルを復旧させたいといったパソコンデータ復旧、インターネット接続、メール設定、ウィルス対策などに対応しております。
三重郡や桑名市、四日市市といったエリアはもちろん、郵送にて全国から修理を承る事も可能です。
パソコンデータ復旧や修理の内容、費用など、お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP